年間200件以上のDXを手掛けるプロが提供する
350社以上の導入実績!
最短3ヶ月でDX推進を加速させる

DX人材育成サービス

スクロール
  • DATA SCIENCE AWARD 2019 最優秀賞 エクサウィザーズ
  • HR Award 2018 日本の人事部
プロダクトの画面

大手企業様を中心に、
350社以上にご導入いただいています。

  • デンソーテクノ株式会社
  • 京セラ株式会社
  • 清水建設株式会社
  • パーソルホールディングス株式会社
  • 株式会社オージス総研
  • 株式会社ローランド・ベルガー
  • TECH PLAY

DXでこんなお悩みを
おもちではありませんか?

  • ランプアイコン
    誰に任せればいいかわからない
    下矢印
    情報が表示された画面のアイコン
    チーム/個人の能力を可視化
    DXリーダー/メンバーを選抜します。
  • ユーザと?のついたルーペのアイコン
    スキルをもった人材がいない
    下矢印
    手のひらの上にユーザグループが乗っているアイコン
    現場に拘った実践型の育成施策で、
    即戦力人材を育成します。
  • グループ全員が?の吹き出しを出しているアイコン
    何から手をつければいいかわからない
    下矢印
    ユーザグループと握手のアイコン
    DX戦略立案から組織計画まで
    トータルサポート

特徴

現状把握から計画策定、適切な育成施策実行までトータルでサポートします。

  • 01 診断

    HR君DIA(デジタルイノベーターアセスメント)
    による組織・個人の能力診断

    弊社独自開発アセスメントによって、DXを推進する上での組織課題の明確化と育成対象の選抜が可能。

    プレゼン資料が映ったノートパソコン
  • 02 DXトータルサポート

    中長期でのDX組織計画立案支援・伴走

    年間200件以上のDXプロジェクトを手掛けるエクサウィザーズの経験豊富なメンバーが、人材育成だけでなく、DX戦略策定支援、組織構築支援までトータルサポートします。

    計画資料画像
  • 03 選択

    組織・個人の育成目標に沿った
    パーソナライズ可能な育成コンテンツ

    リテラシーコースとスペシャリストコースにより即戦力人材を育成。組織の方針・個人の課題に合わせたプログラムを選択することが可能です。

    コンテンツ一覧の画像

    DXリテラシーコース

    職種問わずDXに必須のリテラシーをイーラーニング形式で学びます。

    DX推進に必要なスキルを身につけるためのイーラーニング(3ヶ月)

    • プロダクトマネジメント
      プロダクト
      マネジメント
    • ソフトウェアエンジニアリング
      ソフトウェア
      エンジニアリング
    • AI/データサイエンス
      AI/データサイエンス
    • UX
      UX
    • デジタルマーケティング
      デジタル
      マーケティング
    • イノベーション
      イノベーション

    DXスペシャリストコース

    DXの肝となる3職種を育てるための職種別育成プログラム。
    アウトプットを中心としたプログラムで、実践で使えるスキルを鍛えます。

    • DXアイディア創出
      DX推進担当者、DXプロデューサー向け
      DX推進担当者、
      DXプロデューサー向け

      DXを推進のテーマ、
      PoC案を企画し実行計画まで落とし込む

    • データサイエンス研修
      データサイエンティスト向け
      データサイエンティスト向け

      AIを用いたデータ分析の基礎を学ぶ

    • 機械学習ハンズオン研修
      AIエンジニア向け
      AIエンジニア向け

      AI開発の基礎から
      ディープラーニング開発まで身につける

導入事例

  • レンタル・リース

    レンタル・リース

    課題
    長年同一のビジネスモデルで事業を展開しており、業績の伸びが鈍化。
    新たな収益源確保のために、デジタル技術を活用した新規事業を立ち上げたいと思っているが、適任者が誰かわからず、人選できない。
    実施内容
    全社でDIAを受検しデジタルイノベーターの素養のある人材を選抜し、新規事業のメンバーとして選抜し、対象者16人にアイデア創出プログラムを実施。
    結果
    • 社長直下のプロジェクトチームを発足し新規事業のテーマだしを実施。
    • それぞれのチームがアウトプットした新規事業アイデアを役員プレゼンまで実施し、PoC案件として検討中。
    • データドリブンでの業務効率化施策検討、また周囲のメンバーが興味を持ち応援する風土改革も起きた。
  • 人材

    人材

    課題
    デジタルリテラシーの欠如から営業人員でが顧客に対して業務効率化案やソリューションについて踏み込んだ会話ができず扱っているプロダクトが売れない。
    蓄積した顧客データを活用できていない。
    実施内容
    DIAでスキル、素養を可視化した上での育成メニューを実施。
    結果
    • AI、データサイエンスに対してのアレルギー反応がなくなり、自分から興味を持って情報を取りに行くようになった。
    • 育成受講後、マインドセットが大きく変わり早く実務で活用すべく積極的に行動する姿が見受けられるようになった。
    • 育成受講後、DIAスコアが平均1.2点上がった。
  • IT/システム

    IT/システム

    課題
    顧客がDXを目指す中、DX領域を推進していく役割を目指している。
    そのために、DX人材の採用・育成が課題となっているが、何から手を付けていけばいいかがわからず、手をこまねていてる。
    実施内容
    DIAを全社で受検。どの部門にどのくらいのDX人材がいるのかを把握した上で求める人材像の定義を行い、ギャップを埋めるための育成ドードマップを作成。
    結果
    • DIA受検結果をもとに、カテゴリ1,2,3に分類。
    • それぞれのカテゴリ別に最適な育成施策案を作成し、実施施策準備中。
    ※育成進行中
  • プラント

    プラント

    課題
    次年度からのDX推進部署立ち上げるが、具体的に何をどんな優先順位で計画に落とし込んでいけばいいかがわからない。計画を立てる上でのリテラシーとDX事例の把握に課題。
    実施内容
    DX推進部署にてDIA受検とDXリテラシー講座を実施。
    結果
    • DIA受検結果をもとに現状を把握。
    • 強み弱みを洗い出して弱みの部分を補填するためにリテラシー講座と事例のインプットを実施。
    • PoC案件のアイデア出しとDX伴走支援を実行中。
    ※育成進行中

より詳しいサービス内容については、
ぜひお問い合わせください。

ご利用の流れ

  • 資料請求・
    お問い合わせ
  • お打ち合わせ・
    課題ヒアリング
  • アセスメント受検
    (現状把握)
  • オンライン
    受講開始
  • アセスメント受検
    (育成効果確認)
  • 育成施策
    振り返り
  • 1週間
  • 1-4週間
  • 1-3ヶ月
  • 1週間
※スケジュールは一例です。

Q&A

  • オンラインでの受講は可能ですか?

    全てのメニューをオンラインでご提供可能ですが、ご要望に応じてオフラインでの実施も可能です。

  • どのような人物に受けさせるべきですか?

    DX担当者だけでなく、現場部門や管理部門の方々に広く受けていただくことを想定しています。特にDXリテラシーコースはこれからのDX時代を生きるビジネスパーソンにとっては必須のスキルとなります。

  • 具体的なDX案件、PoCの相談は可能ですか?

    可能です。人材育成だけでなく、DX/AIの利活用に関するご相談を承っております。

受賞歴

  • データサイエンスアワード2019最優秀賞
    データサイエンスアワード2019
    最優秀賞
  • Linkedin TOP STARTUPS2019,2020 2年連続1位
    Linkedin TOP STARTUPS
    2019,2020 2年連続1位
  • Forbes 日本の起業家ランキング2019,2020 2年連続2位
    Forbes 日本の起業家ランキング
    2019,2020 2年連続2位

講師陣/監修者の出身企業

Google / Amazon / DeNA / DMM / Recruit /
Mckinsey&Company / mercari / cookpad / Bebit / Sony 他

お問い合わせ・資料請求